振袖を着て思い出の時間に彩りを

大切な節目に振袖はいかがですか?

大切な節目に振袖はいかがですか?

成人式は20歳の通過儀礼。
大人になる第一歩で人生の大きな節目です。
成人式の装いは女性の多くが、振袖を着用します。
振袖は未婚の女性の第一礼装であり、豪華絢爛な絵羽模様に、きれいな帯や小物を合わせて晴れの日に相応しい着物です。
以前一時期、多くの自治体で成人式を夏に行うというのが流行りましたが、数年を経て今は多くの自治体で冬の開催に戻りました。
やはり成人式の節目には女の子は振袖を着たいし、親は着せたいと思うのです。
昨今はレンタル派も多いです。
着物や帯は勿論、帯揚げ帯締めの小物から下着に至るまで借りられて自分で用意する物が無いので大変便利です。
ヘアーやメイク写真撮り迄あるので全てが揃っています。
段取りの良いレンタルも良いですが、費用は20万円~30万円などレンタルと言っても結構掛ります。
良い着物など選ぶと50万円など高額な料金になる事も。
今は振袖もセットで買いやすくなっています。
成人式の節目の時に、世界で一枚自分の着物、お母さんが買って上げたいと言うならこの機会に用意するのも良いかも。
成人式だけでなく、友達や親戚の結婚式、結納を交わす時、大学・短大・専門学校の卒業式など着る機会も沢山あります。

着る前に…振袖の着方の基礎を学ぶ

最近の傾向として、成人式や披露宴で振袖を着る女性をよく見かけられます。
日本の伝統美である着物を、若い人達が装うということは、とても喜ばしいことです。
今の時代は、レンタルで自分好みの振袖一式が揃うのが理由でもあるようです。
着物の着付けは、着付け教室で数ヵ月習ったとしても、完璧には着こなせません。
とくに振袖のようなランクが上の着付けには、労力は勿論、知識も必要です。
ですから、美容室や着付けの得意な人に着せて貰うことになりますが、頑張って着てみようと思う人は、着物だけは、要所を抑える事で、着ることは可能です。
只、帯に関しては、簡単な結び方ではないので、誰かに結んでもらうのは仕方ありません。
着物を着る基礎は、体を寸胴体型に補正することから始めます。
それから、下着を身に付け、長襦袢を着ます。
長襦袢を着る段階で、拳が一つ入る位に、襟は抜いておきます。
そして、長襦袢に沿わせて着物を着ます。
振袖は、普通の着物より重いですから、腰ひもでしっかり結びます。
この腰ひも一本の役割は大きいです。
要であるところですから、少しきつい位に結びましょう。
後のポイントは、胸元は詰め気味にして、はだけてこないように伊達締めなどで絞めておきます。
身長によっても変わってきますが、おはしょりの幅を整えたりして、バランスよく着付けます。
帯を、華やかに結べば完成です。