振袖を着て思い出の時間に彩りを

振袖の着付けに必要な持ち物

振袖の着付けに必要な持ち物

成人式をはじめとした晴れ舞台で広く活躍する衣装、振袖。
今回は、振袖を着つける際にかかせない持ち物についてご紹介します。
まず、着物の下につけるものとして、肌襦袢と裾除け、長襦袢が必要です。
これらは肌着の役割を果たし、汗を吸うなどの機能があります。
肌着類を止めるための布紐またはゴム紐2~3本、長襦袢の衿を整えるための衿芯、衿を固定するための衿止め、衿元の着崩れを防ぐための着物ベルト、全体の着崩れを防ぐための伊達締めを2本、合わせてご用意ください。
衿元や胸元のボリュームを調節するため、厚手のタオルや脱脂綿があるとより安心です。
次に、着物の上につけるものとして、帯が必要になります。
これに付随し、帯の前方を整えるための帯板、帯の後方で飾りを作るための帯枕、帯枕を固定するための帯揚げ、帯を固定し飾りの役割も果たす帯締めの4点も揃えましょう。
最後に、足元をしめる足袋、草履も忘れずに用意してください。
成人式や着る時期が冬の場合はこれらに加え、ショールがあると防寒対策をするのに便利です。
また、着物の色や柄に合わせた髪飾りがあると全体がより一層華やかに仕上がります。
持ち物をそろえ、万全な状態で着付けに臨んでみてください。

振袖と一緒にレンタルできる小物とは?

振袖といっても、振袖だけでは着物は着こなせません。
幾つかの小物が必要になります。
またレンタル振袖だと、時として人とかぶってしまうことがあります。
そういった事があるレンタル振袖でも小物使ったアレンジをすることによって、他とは違った雰囲気にしたり、華やかで人目を引くアレンジにすることが可能です。
たとえば帯は簡単にアクセントを付けられる場所の一つです。
帯留めや帯揚げなどを上手く使うことによって、個性を出したり可愛らしさを演出できたりします。
衿元や首元のラインにもアクセントをつけるだけでも、周りに与える印象を変えることができます。
家に伝わる古い着物でも、幾つかの小物をレンタルするだけで、時代の流行に合わせた装いに近づけることができます。
流行に合わないからといった不満も解消することができます。
殆どの店舗のレンタルサービスがトータルコーディネートを実施しています。
レンタル時にスタッフと相談することで、より上品で美しいコーディネイトが可能になります。