振袖を着て思い出の時間に彩りを

自分に似合う振袖の選び方とは?

自分に似合う振袖の選び方とは?

成人式の時になどに着る振袖は華やかで、楽しみにしているという人もいるかと思いますが、自分に似合う振袖の選び方を知っている人はあまりいないと思います。
自分に似合う振袖の選び方としては、洋服と同じようにパーソナルカラーから選んでいくことがオススメです。
具体的な選び方としては、肌の色が白いという場合は淡いパステルカラーや白がよく似合います。
赤や紺などの濃い色を選ぶと、肌の色との対比で際立って見えます。
黄色みの強い標準的な肌色であれば、明度の高い黄色や黄緑がオススメです。
肌の青みが強い場合には、黒などの濃い色が似合います。
健康的な肌色という場合には白色や黄色、オレンジ色などの明るい色調がよく、日焼けをしているという場合には、グリーン系やネイビー系の色合いが肌の透明感を引き立てます。
肌色だけではなく、体型も考慮していきます。
ぽっちゃりめなら上半身に柄が少ないものがスリムに見え、やせがなたら大胆なぼかし染めなどを選ぶとボリューム感が出ます。

振袖に似合う髪型の選び方!

振袖を着こなすためには、全体のバランスが重要となるため、髪型はそのバランスを左右する大事なポイントです。
振袖には、アップスタイルが定番とされており、ロングヘアであれば、高い位置で髪をまとめて飾りでポイントをつける方法や夜会巻きで落ち着いた印象を与える方法などがあります。
髪型によっては、髪の色によっても印象が異なりますが、前髪を上げるだけでもより大人っぽいイメージにすることもできます。
ショートヘアの場合は、ボリュームをあまり出さないようにしたほうが落ち着いた印象を与えることが可能です。
現在風の華やかなデザインであるモダン柄などの振袖の場合は、内巻きのショートボブ、ゆるふわパーマなども合いますが、髪飾りやヘッドドレス、カチューシャなどをつかってアクセントをつける方法もあります。
髪飾りは、振袖の色や模様などに合わせることで全体の雰囲気を整えることができます。
ショートヘアの場合は、ウィッグやエクステを使ってイメージを変える方法もあります。